ブロックチェーンを使った作品の著作権保護とは何か?

アメリカのKodakが「コダックコイン」という暗号通貨を発行するというニュースを見た。これによってKodakの株価が上がったらしい。コダックコインの目的は「写真家の作品の保存や権利関係の処理・販売」ということらしいが詳しい話はまだのようだ。

そもそもブロックチェーンを使用して作品の権利を保護するということはどういうことなのだろうか?先行事例の「binded」や「poex」などのサービスからその仕組みを読み解く。

作品の保護は、ブロックチェーンの性質のひとつである記録された取引記録(トランザクション)は改竄が極めて困難であるということ利用して行う。

例えば仕組みにビットコインを利用する場合、「OP_RETURN」という機能がある。この機能を使うことでブロックチェーンの取引記録に40bytesまでの任意のデータを記録させることができる。これはコインを送る相手を指定せずに記録させることができるがブロックチェーンに取り込む場合に小額の手数料がかかる。
この機能を利用して作品の存在証明をブロックチェーンに記録させるわけである。

作品自体のデータを書き込むには40bytesでは小さすぎる。そこで、例えば写真なら、画像ファイルからハッシュ値を生成して、そのハッシュ値を埋め込むことになる。

この機能を利用することにより、ブロックチェーンに作品の作者や日時を記録させることで、改竄できない作品の存在証明ができあがる。
その作家がその日時にその作品を登録したということが証明できるわけである。このような方法は「proof of existence」と呼ばれる。

作家はまだ世に公開する前の作品の存在証明を記録しておくことでその登録日時に確かに自分が作ったと証明できるわけである。つまり、自分がこの世で最も先にその作品を作ったということの証明である。

注意しなければいけないのは、作品の発表後は他者に先に登録されてしまう可能性もありえるので、あくまで作品を世の中に公開する前に登録させないと意味を成さなくなってしまうかもしれない。

実は、著作権自体は著作物を創作した時点で発生している。

著作権は著作物を創作した時点で自動的に発生し,その取得のためになんら手続を必要としません。ここが,登録することによって権利の発生する特許権や実用新案権などの工業所有権と異なる点です。著作権法上の登録制度は,権利取得のためのものではありません。また,登録は著作権の移転の要件ではなく,登録をしなくても移転の効力は有効に生じます。

ブロックチェーンによるこのようなサービスは創作物が存在したことを証明する、公証役場のような補助的な役割といえる。

このようなサービスが面白いのは、存在証明機能だけではなく、登録された著作物のアーカイブを保有しネット上を監視することで、権利を侵害している使用者に使用料金の請求を行ったり、作品の販売を行ったりという周辺のサービスを展開することでビジネス化できるかもしれないという点である。

夜の写真

鶯谷付近 2017年11月 撮影

夜は視界があいまいである。モノの境界線がはっきりしない。
夜の風景を精密に撮影した写真はどこか非現実的に見える。
そういう意味では、夜の写真は多少のブレやボケがあるほうが適切なのかもしれない。

都内で写真プリントに利用できる店

プロラボ

 

その他DIY可能な店。

ミニオフィス

 

 

FAB

 

 

白黒印画紙現像の簡単な手順

1.薬液を作る

薬液3種類と洗い用の水を平たいバットに入れる
薬液は濃度に偏りがないように均一になるようによく溶かす

現像液

現像剤コレクトールE(富士フィルム)A剤を水1Lに溶かす
次にB剤を追加で溶かす
現像液は約20℃の液温に保つ

停止液

酢酸30mlを水1Lに溶かす

定着液

スーパーフジフィックスL(富士フィルム)200mlを水600mLに溶かす
※薬液1:水3の割合

水洗用

只の水を用意

2.現像

印画紙を速やかに入れる
印画紙の乳剤面を下向きにしたほうが誤って感光する失敗が少ない
90秒浸して取り出し停止液にすぐ入れる

3.停止

30秒ほど浸して取り出し定着液に入れる

4.定着

180秒ほど浸して取り出し水洗いする

5.水洗い

300秒をほど水で薬液を洗い流す

6.乾燥

水をよく切り乾燥させる
自然乾燥またはドライヤーを当てると早く乾く

東京アートブックフェア入場できず終わる

2017年10月8日(日)TOKYO ART BOOK FAIR 2017に行った。
15時くらいに現地の天王洲アイルに到着。近づくにつれ会場の寺田倉庫が見えてくると予想よりもだいぶ人が多く並んでいる。その時点で怪しいとは思ったけど案の定、入場規制がかかっている。入場時間指定の整理券を配布していたがその整理券は本日分すべて配布済みとのこと。残念なことに結局会場に入れず帰る。無料のイベントであるし予想より入場者数が多かったのだろうか。恐らく15時付近は人が多かったように思うのでその後来た人はまたは入れるようになったのかも?

しかたがないことではあるけど、レギュレーションについてはサイトに目立つように書いておくなど事前に分か分かりやすいように改善したほうがよさそう。来年に期待する。

<入場規制に関するお詫び>
10月7日(土)8日(日)におきまして、会場内での安全を確保するために止むを得ず入場規制を行うこととなりました。せっかくの休日にTABFまでお越しいただき、長時間にわたりお待ちいただいた方々が、最終的にご入場いただけない事態が起こってしまったことにつきましては、お詫びの言葉もございません。事務局一同、迅速な対応ができなかったことを心より反省しております。
この度は運営事務局の不手際により、ご出展者様ならびにお越しくださった皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまいましたこと、この場を借りて深くお詫び申し上げます。より快適にお楽しみいただけるよう今回の反省を活かし尽力してまいります。

渋谷景

渋谷駅東口歩道橋 2017年09月 撮影

渋谷

渋谷駅から明治通り沿いに歩いてすぐ、この写真の場所近くにある沖縄料理屋「かんから食堂」、沖縄ソバが出汁が効いてておいしいしオリオンビールが250円で飲めるようでよい。

オリオンスペシャルXっていう発泡酒、近所のスーパーで一時期売っていて、味が薄くて(スッキリ)なかなか飲みやすいなあと思っていたのだけど、いつの間にか売らなくなってしまっていた。