富宏牛肉麵で牛肉麺を食べた・台湾旅行記

台湾に来たら食べたいものがあった。それが 牛肉麺 である。

ネットで見ると兎に角みためがおしそうなのだ。
店によって特徴があるらしい。
ということで今回は 富宏牛肉面 というお店に行った。

場所は学校などがある静かな路地に面していてすぐわかった。
地元の人にも人気のお店らしくそこそこ繁盛しているようだ。

店先で調理してしてメニューなどもそこに書いてある。
牛肉麺があることを確認し、さっそく店の中に入る。
席は長机を並べたようになっていて、天井付近にテレビがついている如何にも街の食堂といった雰囲気だ。
席につくと店のおばさんがオーダーを取りに来たので「牛肉麺 小」を注文する。
2−3分程度で牛肉麺が来た。
キャッシュオンデリバリーなのかは知らないがその場で代金を払った。

富宏牛肉面・牛肉麺

見た目は給食のソフト麺のようでもある。
そこに牛肉が載っている。
スープを飲んでみるとなかなか優しい味であり薄味で食べやすい。
あまりはっきりしない味で日本のラーメンと比べるとだいぶ味が薄い、日常的に食べるとするとこのくらいの味がちょうどいいのかもしれない。
麺は結構柔らかく沖縄のソーキそばに似ているかもしれない。

すごく旨味があるというものでもなくなかなか評価が難しいが、やさしいスープで食べやすいと思った。
台湾の人は常日頃から外で食事をするのが普通だと何かで読んだ、特別な食べものというよりは日常の食べ物なのである。
また台湾に来たら他の店の牛肉麺も食べ比べてみたい。