Amazonプライムセールの商品が本当に安いか調べる方法

KeepaというChromeの機能拡張をインストールしておけばその商品の数か月間の価格の変化をグラフで見られるようになる。安いと思って買ったらそんなに安くなってなかったということがあるので便利。

Godox TT350S ソニーTTL調光対応ストロボの使用感

小型のストロボが欲しくなり、いろいろ探してみたところ丁度よさそうだったのでGodoxのTT350Sを買ってみた。SONY用なので型番にSが付く。
Godox( http://www.godox.com/ )は中国のメーカーだ、最近カメラ用のこの手の製品は中国製が多いなと思う。価格もカメラメーカー純正品と比べたら安い。しかし最近は中国製だからと言って品質が悪いわけはなくちゃんと使えるものが多い。Godoxもプロユース向けに製品を作っていたりするしプロの使用レビューなんかも見かける。品質は悪くなさそうだと思い選ぶ。
Godoxの製品はAmazon・ヤフーショッピング・楽天などネットで買うのが安い。どこが安いのか見比べて買うのが良いが今回はAmazonで購入。
数日待って届く。白とオレンジの結構かっこよい箱に入っていた。ストロボ本体と付属品としてストロボケースがつく。ストロボ自体のデザインはシンプルでよい。同じ価格帯の製品で比べると最も安っぽくない感じがする。表面のプラスチックも半つや消しのような質感でとにかく見た目が良い。

使ってみる

早速、夜間のポートレートで使ってみた。そもそもこのストロボを買った目的は雑誌なんかのファッション写真でよくあるほぼ正面からストロボ直あてで使ってみたかったので。海外の写真っぽい感じのあれだ。使ってみたところ狙い通り小型で取り回ししやすい。 ガイドナンバーは36で控えめな感じはするが、3-4mくらい離れて撮影した感じでは問題ないようだった。すごく早いというわけでもないが電力のチャージ時間も短く、テンポよくシャッターを切れて問題はなかった。今回は バウンスさせたりあまり細かい調整はしないでむしろ雑に光を当てたかったので、ある意味光れば何でも良かったといえなくもないのでレビューにはなってないかも知れない。

TTLは必要か?

結論からいうとTTLはとくに必要ないなと思った。
TTL (Through The Lens)はカメラの露出計で測定した値をストロボに伝達して自動で調光してくれる機能でTT350Sも対応している。
一見便利そうな機能であるがあまり意図通りに動かない。これはTT350Sの動作に問題があるわけではない。恐らく仕様通りに調光されている。
何故要らないのか。TTLを使ってみた感じ自動調光で撮影しても結局イメージと合わない画が撮れてしまうなと思った。ストロボの光は強いので位置が少し変わっても印象がかなり変わってしまう。そこを自動でというのがそもそも無理な感じだ。結局のところ手動で調整しながら撮影したほうがずっとうまくいく。
そういう意味では最初からTTLがない安いストロボを買うのもありだと思った。

ハイスピードシンクロは必要か?

発光時間は1/350~1/20000秒でハイスピードシンクロにも対応している。原理としては 弱い光量で非常に短い間隔で連続発光させて長時間発光し続けているような状態にすることで高速なシャッタースピードでもシャッター幕の影が出ないようにしているらしい。
この機能は例えば明るい昼間の逆光で顔に光を足したい時など。日中シンクロに使える。ただし、ハイスピードシンクロは基準のガイドナンバーの光量は出ずかなり光が弱くなってしまう。ガイドナンバーは36でもともとそんなに光量が出るわけでもないのでこれも実用度は低いと感じる。日中シンクロをしたいならもっとガイドナンバーの大きいストロボを使うべきなんだろうなあと思った。

普通によい

結局のところTTLとハイスピードシンクロはついていてもこのようなコンパクトなストロボの場合は実用性が低いことが分かった。
ただし普通のストロボとして使う場合にはデザインもよいし操作性もよくまたGodoxの他のストロボとリンクさせて補助として使うこともできる。基本性能は高い。
コンパクトなストロボが欲しくて見た目が気に入ったのならおすすめできる製品といえる。

3級ファイナンシャル・プランニング技能士資格 攻略作戦

先日、3級ファイナンシャル・プランナー(FP3級)の試験を受けてきた。 目的としては、日常生活上のお金に関すること全般が効率よく学べそうだったから。とくに仕事で使うわけでなくとも、知っていたほうが損しないのは間違いないので広く一般的におすすめできる資格といえるという説明を何かで読んだので受験してみることにした。分野でいえば、家計管理・税金・社会保障・年金・資産運用・遺産相続・不動産といった感じのことが対象になっている。参考書を読むだけでも、知識を得るという目的は達成できるけど、試験を実際に受けてみたほうが頭に入る気がするので、試験も受けることにした。

試験の種類

FP 技能士の資格を取得するためには、「 金融財政事情研究会 」もしくは「日本FP協会」のどちらかの団体で試験(学科試験・実技試験)を受けることで取得することができる。学科試験の内容はどちらも一緒だそうだけど、実技試験の内容が異なるとのことで、FP協会のほうがより一般的な出題分野から出題されるようだったので、今回は 日本FP協会 の試験を受けることにした。試験は学科と実技があり、実技のほうは問題文が少し長くなるが、どちらも選択式の問題なので、筆記で書くパターンはない。

とりあえず参考書を買う

FPの参考書は本屋に行けばたくさんあった。売れてそうなものは平積みされているので分かりやすい、Amazonのレビューなども見ながら選ぶ。最も人気のある本は「みんなが欲しかった! FPの教科書 3級」らしい。よくブログなどで紹介されているし本屋でも目立つ位置に置かれていた。 しかし、一番売れている本を買うのも面白くないなあと思い 「うかる! FP3級 速攻テキスト」 という本を購入した。この本は中身は良いのに表紙が地味で何か損をしている気がする。 「うかる! FP3級 速攻テキスト」と電車で読む用に「ゼロからスタート! 岩田美貴のFP1冊目の教科書」を併用して学習する作戦だったが、やってみたら2冊読むのはなかなか大変だった。結局のところ章単位でどっちかの本しか読んでない形になってしまったように思う。実際のところ 「うかる! FP3級 速攻テキスト」 一冊読めば十分だったと思う。「うかる! FP3級 速攻テキスト」 は試験範囲を殆ど網羅している感じで文字も大きめで簡素に書かれているので分かりやすく一冊やれば試験も問題ないだろうといった安心感のある内容になっている。「ゼロからスタート! 岩田美貴のFP1冊目の教科書」 は文章量が少なめに抑えられていてパラパラ読んで概要をつかむには良い内容だった。ただし、試験を受けるにはこれ一冊だけだとちょっと不安ではある。

学習方法

最初は、参考書を読めば覚えるだろうという算段でいた。だが、これがなかなか難しい、2時間程度かけてひとつの章(ライフプランニング・タックスプランニングなどの大分類)を読む、読んだ直後は理解した気になるが1日たつと忘れてしまうのだ、覚えなければならない数字が多いので、何がどの数字だったのか覚えていられない。読んだだけで理解するのはかなり難しいことに気が付いた。とはいえ、一回は参考書を通しで読まないと理解できないことは確かなので参考書は最後まで読むことにした。参考書を読むだけではだめだということが分かり、何か良い方法はないかと探していたところ、試験の攻略には、過去問をやることが重要。と書いてあるサイトをみつる。途中から過去問をやることにした。FP試験の過去問は全て公開されているので、過去問をまとめているサイトもありそこでひたすら過去問を解いた。結果的には、過去問を何度も反復する勉強法が記憶に残りやすかった。繰り返し解いていると間違えやすい問題やよく出てくる問題の傾向が分かってくるのでとにかく反復が効果的なことが分かった。振り返ると、試験1カ月以上前に参考書を買ったものの、読む時間が取れず全部読み終わる頃には試験一週間前になっていた、そこからは過去問中心で勉強した。勉強時間はトータルすると、参考書読みが10時間程度、過去問が10時間程度だろうか。過去問は殆ど学科問題に時間を割きすぎて、実技問題は前日くらいしかやる時間がなかった。

試験当日

そして試験当日、30分くらい前に着くように蒲田に向かう。試験会場の東京工科大学に着くと思った以上に受験者が居て長い列になっていた。ひさびさに大学に入る。持ち物は、受験票・鉛筆・消しゴム・そして電卓を使っても良い。まず最初の学科試験を受ける、試験問題は全て選択式のマークシートなので、120分の試験時間があるが60分程度で解き終わってしまった。答えあわせのため、解答用紙にも答えの番号を控えておく。学科試験は60分経過すると退出自由になるので退出する。次の実技試験まで時間があるので、勉強するために近くの喫茶店を探す。昼時なのでどこも混んでいる。事前に休憩場所を調べればよかったなと思った。何とかは入れそうなところを発見。後半の実技試験は60分こちらは退出不可。こちらは計算する必要などがあるので、見直しなども含めて60分使い切った。終わると達成感がありひさびさに試験してみるのもいいものだなと思った。 電卓は桁数の多い大きいのが良いのかなと迷ったが、結果的には100円ショップの小さい電卓でも十分だった。帰りに近くの適当な店でビールを飲む。うまい。FPの試験はその日に模範解答が発表されるので、答えあわせする。合格ラインはこえてるようなのでひと安心。本当の結果通知が待ち遠しい。

追記

7月3日に結果発表、合格していた。おわり。

gcp デ php

gcpでphpの環境を作るTutorialメモ

1.プロジェクト作成

名前は何でも良い

2.AppEngine PHPのTutorial起動

gcpコンソール内のShellを立ち上げて以下入力

1)Tutorial用ディレクトリ指定

TUTORIALDIR=src/test/php_gae_quickstart-2018-08-14-14-51

2)Hello World サンプリアプリをコピー

git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/appengine-php-guestbook.git $TUTORIALDIR

cd $TUTORIALDIR
git checkout phase0-helloworld

3)動作確認

dev_appserver.py –php_executable_path=/usr/bin/php-cgi $PWD

4)アプリケーションの作成

gcloud app create

5)デプロイ

gcloud app deploy app.yaml –project test

以上

SoftBankからY!mobileに移って1つ不便な点・・・が解決した

SoftBankの契約が2年で満了するのでY!mobileにMNPしてみた。

格安SIMもいろいろ検討したが以下の理由で今回はワイモバイルにしてみた。

  • ソフトバンク光を使っているので割引が効く。格安SIMに変えてもっと安いネットに変えるなど考えるのが面倒だったというのもある。
  • 他社の格安SIMより通信速度が安定しているときく。
  • キャンペーンで乗り換え手数料が無料だった。
  • Yahoo!プレミアムが無料。
  • ソフトバンクだと追加で500円かかるテザリングが何故か無料になっている。
  • 容量2倍キャンペーンで2年間は7ギガ契約で14ギガまで使える。

ということで、ワイモバイルに変えて予想通り通信速度も快適で昼に遅くなるなど今のところないので満足している。同じソフトバンク回線なので速度が変わるものでもないのだろう。

ただし、一つだけ契約前には分からなかったことで不便があった。

7ギガ契約で14ギガまで使える ということであるが、正確には、7ギガ + 追加500メガ×14回 なのである。

つまり上限7ギガまで使うと速度制限モードに入る。手動で14回500メガ単位で追加しないと上限の14ギガまで使い切れない。これが地味に面倒。

他は不満がないだけに惜しい。


7/16 追記

これは解決策があった!

快適モードに設定して追加データ14回に設定しておけば自動で追加できることがわかった。

煩わしさから開放された。

minoltaのカメラについて歴史を図解してみる

システム一眼レフカメラのαシリーズは今ではsonyのαだけど、もとはミノルタ(minolta)のブランドであり実は結構長い歴史がある。

その歴史を遡るとコニカと統合したり途中でライカの技術が入っていたり複雑なので図解してみた。

こうしてみると、現代の最新機種であるSONY α7シリーズはいろいろな会社の技術が接がれているのだということがわかる。

図はブラウザーでフローチャートが作れるcacooで作った。
機能制限のあるFreeプランでも十分使えるし、扱いやすくてきれいな図が作れるので重宝している。

Hawk’s Factory 補助ヘリコイド付Mマウントアダプターの無限遠調整方法

Hawk’s Factory(ホークスファクトリー)の LEICA M to SONY MIRRORLESS E-mount MACRO TUBE HELICOID はライカM
マウントをSONY Eマウントに変換でき、さらにヘリコイドを回して通常よりも焦点距離を短くして寄って撮影することができるようになるというアイデア商品である。台湾のメーカーが作っている。 このアダプターにはもう一つ、他の類似の製品にない機能として無限遠調整機能がある。
古いレンズだとどうしてもフォーカスリングを∞の位置に合わせてもも無限遠にならないときがあるが、それをアダプター側で微調整することができる機能である。 ただし、調整方法が説明書にも書いてなくネットで調べてもねじを回して調整するといったそっけないものしか見つからず買う前は不安だったのだが、やってみたら簡単だったので書いておくことにする。
  1. アダプターのクローズアップフォーカスリングの止め具受けにある2本のねじを緩める(ねじを外す必要はないし奥にもある2本のねじは緩めない)。すると止め具があるほうの調整リングが少し動くようになる。
  2. ねじを緩めた状態でアダプターをカメラに装着してレンズも取り付ける。レンズのフォーカスリングは∞に合わせる。絞りも開放にする。
  3. カメラを三脚に固定してできる限りの遠くの対象物に向ける。この時柵のようなものなど縦に線が複数入ってるものに向けるとあわせやすい。
  4. カメラのライブビュー機能で背面液晶に映して拡大する、調整リングを動かしピントが合う位置を探る。絞りも動かしてみて問題ないか確認。
  5. ピントが合う位置で調整リングのねじを止める。(ねじ頭をなめないように注意する力を入れる必要はない。)
以上で調整完了である。

IE11でWordPressの画像が表示されない

とあるサイトを作っていたときちょっと困ったのでメモ

chrome,safari,Firefoxではちゃんと表示されるのにIE11だけ画像が表示されないことがあった。

HTMLを確認していると、画像のsrcパスに”/jetpack/”が出現している箇所の画像で表示されていないことに気がついた。

原因は単純で、WordPressの公式プラグインであるJetpackの”Lazy load images”(画像の遅延読み込みで表示を早くするやつ)を有効にするとIEで画像が表示されなくなる。
管理画面で無効にして解決。

Lazy Images

その他の原因としてはカラーモードCMYKの画像はIEで表示されないらしい・・・

EPSON GT-X800を使って35mmカラーネガフィルムをスキャンする

はじめに

35mmフィルムをフィルムスキャンしてA2ほどに印刷したい。
という目的のため、epsonのGT-X800を購入してみた。

発売日:2004年11月

大分古い機種だ。
ただ10年以上前の機材だけあってとても安く販売している、数千円で買えてしまうのでお手軽である。

GT-X800をMacで使う

買った時はマニュアルもCDも付いていなかったが、Epsonのサイトからドライバなどはダウンロードできる。

本来はEPSON Scanというソフトで操作するらしいけど何故かこれは配布終了しているようだ。
Macの場合ドライバさえ入れれば、イメージキャプチャという標準のアプリを使って、High Sierraでも一応動かすことができる。
ただし、EPSON ScanのDIGITAL ICEを使用したゴミ取り機能や細かい色調整などできない。
これは、基本的に無加工で取り込んで、スキャンデータを現像ソフトのほうで調整すればよいので、そんなに問題でもない感じ。

実際スキャンしてみた感じ、どうも街の写真屋でデータCDを作ってもらったときの画像より眠い絵になる。というか写真屋のデータCDがシャープネスがかかりすぎな気もするが、それでもどうも眠い。

調べてみると、フラットベッドスキャナの場合、フィルムが宙に浮いた状態でのスキャンとなるため、フィルムのたわみの影響やそもそもスキャナ側のピントが甘い場合があるとのことだ。
仕方がないので、これも現像ソフトのほうでシャープネスをかけてやるとまあまあ絵になる。

スキャンの仕方で絵がまったく別になるという気づきになった。
そもそも見ている色についても本来は正解はない、写真の色はいかようにも変容できる。

A2プリントで必要なデータとはなにか?

A2でプリントしたい場合どのくらいのデータサイズが必要かというと、Epsonのサイトから引用すると4800dpiで取り込めば十分そうだ。

解像度(dpi) 短辺(px) 長辺(px) ちょうどいいプリントサイズ
1200 1134 1701 2L
2400 2268 3402 A4
3200 3024 4535 A3
4800 4535 6803 A2

スキャンデータはJPEGかTIFFで保存できる、劣化しないという点でオリジナルデータはTIFFで作ったほうが良いだろう。

諧調は高いほうが色を調整しやすいが、GT-X800ではRGB各色16bit入出力が性能限界であるし、必要十分だろう。

今和次郎「造形感情」を読んで

所謂、普遍的な美ではなく、”素朴な人々”による美について注目した本。
土着的な美といってもよいかもしれない。
そこに居る人による美でなのである。

身の回りにはどのようなものがあるのだろうか。
本の中では、手仕事による杓の作りについてのエピソードが書いてあった。
また、建築・工芸・服装について章として取り上げられている。

くらしに注力して街の風景見ることで見えてくるかもしれない。