GT-X800を使って35mmカラーネガフィルムをスキャンする

はじめに

35mmフィルムをフィルムスキャンしてA2ほどに印刷したい。
という目的のため、epsonのGT-X800を購入してみた。

発売日:2004年11月

大分古い機種だ。
ただ10年以上前の機材だけあってとても安く販売している、数千円で買えてしまうのでお手軽である。

GT-X800をMacで使う

買った時はマニュアルもCDも付いていなかったが、Epsonのサイトからドライバなどはダウンロードできる。

本来はEPSON Scanというソフトで操作するらしいけど何故かこれは配布終了しているようだ。
Macの場合ドライバさえ入れれば、イメージキャプチャという標準のアプリを使って、High Sierraでも一応動かすことができる。
ただし、EPSON ScanのDIGITAL ICEを使用したゴミ取り機能や細かい色調整などできない。
これは、基本的に無加工で取り込んで、スキャンデータを現像ソフトのほうで調整すればよいので、そんなに問題でもない感じ。

実際スキャンしてみた感じ、どうも街の写真屋でデータCDを作ってもらったときの画像より眠い絵になる。というか写真屋のデータCDがシャープネスがかかりすぎな気もするが、それでもどうも眠い。

調べてみると、フラットベッドスキャナの場合、フィルムが宙に浮いた状態でのスキャンとなるため、フィルムのたわみの影響やそもそもスキャナ側のピントが甘い場合があるとのことだ。
仕方がないので、これも現像ソフトのほうでシャープネスをかけてやるとまあまあ絵になる。

スキャンの仕方で絵がまったく別になるという気づきになった。
そもそも見ている色についても本来は正解はない、写真の色はいかようにも変容できる。

A2プリントで必要なデータとはなにか?

A2でプリントしたい場合どのくらいのデータサイズが必要かというと、Epsonのサイトから引用すると4800dpiで取り込めば十分そうだ。

解像度(dpi) 短辺(px) 長辺(px) ちょうどいいプリントサイズ
1200 1134 1701 2L
2400 2268 3402 A4
3200 3024 4535 A3
4800 4535 6803 A2

スキャンデータはJPEGかTIFFで保存できる、劣化しないという点でオリジナルデータはTIFFで作ったほうが良いだろう。

諧調は高いほうが色を調整しやすいが、GT-X800ではRGB各色16bit入出力が性能限界であるし、必要十分だろう。

Share this post

今和次郎「造形感情」を読んで

所謂、普遍的な美ではなく、”素朴な人々”による美について注目した本。
土着的な美といってもよいかもしれない。
そこに居る人による美でなのである。

身の回りにはどのようなものがあるのだろうか。
本の中では、手仕事による杓の作りについてのエピソードが書いてあった。
また、建築・工芸・服装について章として取り上げられている。

くらしに注力して街の風景見ることで見えてくるかもしれない。

Share this post

Amazonで買える暗号通貨用ハードウォレット

coincheckの惨状をみるにやはり取引所に預けたままは危険そう。
他のウォレットやハードウォレットに分散して保管しておかないと危ないと感じた。

Ledger Nano S

メーカー Ledger(フランス)
対応コイン BITCOIN,ETHEREUM,ETHEREUM CLASSIC,LITECOIN,RIPPLE,ZCASH,DASH,BITCOIN CASH,など

TREZOR

メーカー SatoshiLabs s.r.o.(チェコ共和国プラハ)
対応コイン BITCOIN,ETHEREUM,ETHEREUM CLASSIC,LITECOIN,NEM,ZCASH,DASH,BITCOIN CASH,など

KeepKey

メーカー KeepKey LLC(アメリカ合衆国ワシントン州)
対応コイン BITCOIN,ETHEREUM,LITECOIN,DASH,BITCOIN CASH,など
Share this post

デヴィッド・リンチの絵ではなかった

1/15だったか…でもサイトには1/18から会期と書いてある、あっでも1/14にはもう見れたらしい、一週間前のことも思い出せない、8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryにてデヴィッド・リンチの絵を見てきた。
とさっきまで思い込んでいたが、デヴィッド・リンチではなく、実は西太志という作家の絵だったということに気づかずに。

画面の殆どが黒く塗られておりかなり大きい号数でダークな印象だったので、あまり疑問も抱かず・・・

スタイルが現代的というか若そうな印象があったのを覚えている。
この黒い絵は好きな感じだ、彫刻もかっこよかった。黒い絵だけど=怖いというわけではない。物語のひとつの場面のような絵に囲まれているとその世界に入ったような。子供のころに読んだダークな挿絵が描いてある絵本を連想する。暗い世界だけど続きが気になるあの感じに似ている。

Share this post

ブロックチェーンを使った作品の著作権保護とは何か?

アメリカのKodakが「コダックコイン」という暗号通貨を発行するというニュースを見た。これによってKodakの株価が上がったらしい。コダックコインの目的は「写真家の作品の保存や権利関係の処理・販売」ということらしいが詳しい話はまだのようだ。

そもそもブロックチェーンを使用して作品の権利を保護するということはどういうことなのだろうか?先行事例の「binded」や「poex」などのサービスからその仕組みを読み解く。

作品の保護は、ブロックチェーンの性質のひとつである記録された取引記録(トランザクション)は改竄が極めて困難であるということ利用して行う。

例えば仕組みにビットコインを利用する場合、「OP_RETURN」という機能がある。この機能を使うことでブロックチェーンの取引記録に40bytesまでの任意のデータを記録させることができる。これはコインを送る相手を指定せずに記録させることができるがブロックチェーンに取り込む場合に小額の手数料がかかる。
この機能を利用して作品の存在証明をブロックチェーンに記録させるわけである。

作品自体のデータを書き込むには40bytesでは小さすぎる。そこで、例えば写真なら、画像ファイルからハッシュ値を生成して、そのハッシュ値を埋め込むことになる。

この機能を利用することにより、ブロックチェーンに作品の作者や日時を記録させることで、改竄できない作品の存在証明ができあがる。
その作家がその日時にその作品を登録したということが証明できるわけである。このような方法は「proof of existence」と呼ばれる。

作家はまだ世に公開する前の作品の存在証明を記録しておくことでその登録日時に確かに自分が作ったと証明できるわけである。つまり、自分がこの世で最も先にその作品を作ったということの証明である。

注意しなければいけないのは、作品の発表後は他者に先に登録されてしまう可能性もありえるので、あくまで作品を世の中に公開する前に登録させないと意味を成さなくなってしまうかもしれない。

実は、著作権自体は著作物を創作した時点で発生している。

著作権は著作物を創作した時点で自動的に発生し,その取得のためになんら手続を必要としません。ここが,登録することによって権利の発生する特許権や実用新案権などの工業所有権と異なる点です。著作権法上の登録制度は,権利取得のためのものではありません。また,登録は著作権の移転の要件ではなく,登録をしなくても移転の効力は有効に生じます。

ブロックチェーンによるこのようなサービスは創作物が存在したことを証明する、公証役場のような補助的な役割といえる。

このようなサービスが面白いのは、存在証明機能だけではなく、登録された著作物のアーカイブを保有しネット上を監視することで、権利を侵害している使用者に使用料金の請求を行ったり、作品の販売を行ったりという周辺のサービスを展開することでビジネス化できるかもしれないという点である。

Share this post

夜の写真

鶯谷付近 2017年11月 撮影

夜は視界があいまいである。モノの境界線がはっきりしない。
夜の風景を精密に撮影した写真はどこか非現実的に見える。
そういう意味では、夜の写真は多少のブレやボケがあるほうが適切なのかもしれない。

Share this post

Yahoo! Tポイントのよい消費方法

ヤフーのアカウントに覚えのないTポイントが1,500ついていた。
どうも去年ヤフオクで購入したときに購入金額の5%ついたらしい。
そのそもポイントがつくのを知らなかった、しかも時間が経ってからからポイントが入るので、気づかず使わないまま期限切れなんてことが多い・・・

このTポイントは1ヶ月しか有効期限がない。
LHACOで何か雑貨買うのもよいかなと思ったけど、これといって今ほしいものもない。
なにかよい使い方はないかと調べた感じジェフグルメカードがよさそうだ。
ファミレスや吉野屋など加盟店が多いしちゃんとお釣も出るのがよい。

Share this post

「.xyz」ドメインの使いにくさ

xyzドメインは2014年に新た追加されたgTLD。
.xyzは企業用の.comやビジネス用の.bizなどのようには意味を持たず、自由な用途に使用できる。
しかし、ある目的でxyzドメインを取得したがいまいちだった。

そのそも.xyzというドメイン自体が一般的に認知されておらず、サイトのアドレスとしてドメインを見たときにそれがサイトのアドレスなのであるという認知に至らない。メールアドレスでも同じであり、これでメールが届くのか?確認されてしまうことがある。
それでいて、ドメイン管理費が安く設定されているわけでもない。
結局は、なるべく認知度が高いドメイン名を取得したほうがよいのである。

Share this post

「覗くモーテル」をNexfrixで見た

「覗くモーテル」という話。
モーテルの客室を、天井に小部屋を作って覗き続けたという男の話を聞き、大物ジャーナリストが出版するまでを映像で追うというドキュメンタリータッチの作品。

覗き男の話半分、出版業界の話半分といった内容構成で変態的な話を求めて見ると肩透かしである。

話自体もなかなかアメリカの出版業界を覗くことができて面白いのだけど、主要人物として描かれるゲイ・タリーズというジャーナリストの服装がいかにも質のよい感じのスーツでかっこよいのだ。
父親がテーラーをしていた影響で服装へのこだわりがあるらしい、年齢80くらいなのだがパリッとしたスーツを着ている。

内容の中で気になったのが、話の中で雑誌「ニューヨーカー」が出てくるが、アメリカの出版社には「ファクトチェッカー」という専門職があるらしい。その名のとおり記事の真偽を調査して判定する職業ということで、ファクトチェックがしっかりしているというという点が出版社のステータスのひとつとなるとのことだ。
読者へ正しい情報を伝えるとともに取材対象から「こんなことは言っていない」などと訴訟される場合もあるため結構厳密にやるらしいのだ。
こういう職業って日本の出版社にもあるのだろうか?

Share this post

仮想通貨取引所HitBTCのアカウントを作る

HitBTC(https://hitbtc.com/)とは英国の仮想通貨取引所である。

ビットコイン(BTC)など各種仮想通貨の取引ができる。
iXLedger(IXT)など日本の取引所ではあまり扱いの無い仮想通貨などが多数あるので、これらの通貨の取引をしてみたいのでHitBTCのアカウント開設をした。

日本の取引所と違い身分証明書などの情報入力が必要なく非常に簡単に終わった。
5分程度の時間があれば口座の開設ができてしまう。

アカウントの作り方

メールアドレスさえあればできる。

1.HitBTCのサイトに移動する

https://hitbtc.com/

2.サイトトップ右上の赤い「Registar」から登録画面にいく。

3.登録画面で「Email」「Password」を入力し、「I accept HitBTC’s」(利用規約)にチェックをしたら「Registar」ボタンを押す。

4.入力したメールアドレスに登録確認メールが来るので、メール内に記載されている「URL」からHitBTCのサイトに移動してメールアドレス確認を完了する。

個人情報の入力などは特にない。
この時点でアカウント登録&口座開設は完了であり、仮想通貨の売買ができる状態となっている。

次回からは「Sign in」から「Email」「Password」を入力してログインすればよい。

セキュリティー設定の方法

不正ログインなどを防止するためにセキュリティー設定を強化をしたほうがよい。
HitBTCでは「2段階認証設定」と「自動ログアウト」を設定ができる。
2段階認証を設定するにはスマフォが必要となる。

1.HitBTCにログインする

2.右上の歯車マーク「Settings」を押して設定画面に行く。

3.設定画面内の「Security」というタブを開く。

4.「Automatic logout」という項目が「自動ログアウト」である。
「30min」などログアウトさせたい時間を選び「save」ボタンを押す。

5.「Two-Factor Authentication」という項目が「2段階認証設定」である。

手順自体は難しいものではないが、これを設定するにはiOSまたはAndroidのスマフォが必要になる。

1)iOSまたはAndroidのスマフォを用意し、「Google Authenticator」というアプリをインストールする。

Google AuthenticatorとはGoogleが開発した二段階認証を行うトークンソフトウェアである。AuthenticatorはユーザーがGoogleのサービスにログインする時に必要な通常のIDとパスワードと共に入力しなければいけない6桁の数字コードを提供する。

2)スマフォで「Google Authenticator」を開き「+」ボタンを押し「バーコードをスキャン」を選択するとスマフォのカメラが起動する。
そして、HitBTCの設定画面の「Scan the code with your device」にある「QR」コードをアプリで読み取る。

3)HitBTCの設定画面の「Write down your backup code:」の下にある24桁のコード「xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx」をメモしておく。

これは、スマフォが使えなくなったときや機種変更して「Google Authenticator」が使えなくなったときに、HitBTCにログインするために必要になる。

4)「Enter validation code from your device:」に「Google Authenticator」に表示されている6桁の番号を入力し「Confirm」ボタンを押す。

※6桁の番号はアプリ上に「999 999」と3桁毎スペース入りで表示されるがスペースの入力は必要無い。

5)HitBTCに登録しているメールアドレスに確認用のメールが届く、メール内に記載されている「URL」からHitBTCのサイトに移動して二段階認証設定が完了する。

あとは好きな仮想通貨の取引ができる。
日本の仮想通貨取引所に比べて非常に簡単な登録であった。

HitBTCへの入金は仮想通貨で行うのが簡単である、各種仮想通貨を送金することができるが、最初はZaifやCoincheckなど日本のサービスでBitcoinを購入してHitBTCのアカウントへ送金するのが楽であろう。

Share this post