今和次郎「造形感情」を読んで

所謂、普遍的な美ではなく、”素朴な人々”による美について注目した本。
土着的な美といってもよいかもしれない。
そこに居る人による美でなのである。

身の回りにはどのようなものがあるのだろうか。
本の中では、手仕事による杓の作りについてのエピソードが書いてあった。
また、建築・工芸・服装について章として取り上げられている。

くらしに注力して街の風景見ることで見えてくるかもしれない。

Share this post